カーチェック株式会社 鈑金・塗装

もしもの事故や、車のちょっとした傷や凹みなど車が傷ついてしまった時、カーチェックにお任せ下さい!
充実の設備で豊富な経験と質の高いサービスをお客様にご提供いたします!



鈑 金

Sheet metal coating

鈑金
鈑金作業の流れ

鈑金作業の流れ

鈑金作業の流れ

施工箇所に付属品がある場合。例えばドアの場合はサイドミラー、ドアハンドル、ガーニッシュなど付属品を脱着します。バックドアのこの場合、鈑金について支障となる付属品はありませんので塗装時にエンブレムを外します。凹みの右下のキズも一緒になおしていきます。


鈑金作業の流れ 塗装剥離

鈑金作業の流れ 塗装剥離

金をする為には、塗装がない状態の鉄板がむき出しになっていないと出来ません。鈑金には大きく分けて2つのやり方①裏から叩き出す。②表の鉄板に溶接し引っ張る。があります。写真は②ですが塗装を剥離し鉄板をむき出しにしないと溶接が出来ない為塗装剥離が必要となります。①の裏から叩き出す鈑金の場合には必ずではありませんが裏から叩いて板金すると塗装が割れていきます。 塗装の割れたままだと後の工程に支障をきたしますので、鈑金時に剥離は必要ありませんが、最後には必ず塗膜剥離が必要となります。


鈑金作業の流れ 鈑金

鈑金作業の流れ 鈑金

金属部分が凹んでいる場合、内装を外して内側から凹みを押したり、外側の塗装を剥がし、鉄板にピンやワッシャーを溶接して引っ張ったり、様々な方法で、様々な道具を駆使して凹みを戻しながら凹んだ衝撃で出っ張った部分をハンマーなどで叩いて戻していきます。 鉄板が裂けていたり、穴が開いているときは溶接で塞ぎます。樹脂パーツが凹んでいる場合はヒートガンを使い、凸凹部分を熱して柔らかくして戻していきます。この場合のような小さなヘコミは、先端を直接パネルに溶稙できるプーラーをスタッド溶接機の先に付け、ピンポイントで引出し板金を行います。


鈑金作業の流れ パテ下地

鈑金作業の流れ パテ下地

凹みを鈑金だけで修理するだけでは完璧にはなりません。ここから完璧に整形するためパテを塗り整形していきます。鈑金箇所を研磨しパテの下地をつくっていきます。



鈑金作業の流れ パテ塗り

鈑金作業の流れ パテ塗り

実際にパテ下地を手で触ってもザラザラ、凹凸感はあまり分かりませんが、100%完璧に整える為にパテを塗り調整します。板金後の状態によって、荒目、中目、細目や鉄板に張りを持たせる物など数種類のパテを使用します。



鈑金作業の流れ パテ研ぎ

鈑金作業の流れ パテ研ぎ

ボディの曲線やプレスラインが複数重なると難易度が上がります。この時仕上がりに納得がいかなければパテを盛って成形を繰り返します。見た目では判らない僅かな歪や凹凸を、職人の手の平の感覚を頼りに研いで取り除きます。



鈑金作業の流れ サフェーサー

鈑金作業の流れ サフェーサー

以降5~9工程は[塗装]項目 3.サフェーサー~と同じ工程となります。詳細はそちらをご覧ください。



鈑金作業の流れ 研ぎ・調色

鈑金作業の流れ 研ぎ・調色

鈑金作業の流れ ベースコート塗装

鈑金作業の流れ ベースコート塗装

鈑金作業の流れ クリアコート塗装

鈑金作業の流れ クリアコート塗装

鈑金作業の流れ 乾燥・磨き・組立

鈑金作業の流れ 乾燥・磨き・組立





塗 装

Painting

劣化 はがれ ひび割れ イメージチェンジンジ 塗装
塗装作業の流れ

車の塗装は、「紫外線」や「鉄粉」、「鳥のフン」、「水垢」などによって劣化します。車の塗装は「下塗り」、「中塗り」、「上塗りベース」、「上塗りクリアー」の4層になっています。メタリックやマイカ、白、黒、単色、寒色といったカラーの塗装は劣化に強く、ソリッドや赤、暖色、濃い色は劣化に弱いといわれています。4層目の上塗りクリアーが劣化することで、上塗り部分にも紫外線などの刺激物が入るようになり塗装が劣化するのが、塗装劣化の仕組みです。ここでは劣化した塗装面の色あせの修復から塗装の流れをご紹介します。


塗装作業の流れ 下地つくり

塗装作業の流れ 下地つくり

ワックスや洗車を繰り返すことによってできる細かなスクラッチや、鉄粉による塗装面のザラザラ感や、砂や雨でできる水垢やキズなどで傷んだボディに、再び輝きと美しさを取り戻すためは下地処理が欠かせません。粒子サイズの小さなサビ、キズまで丁寧に取り除きます。


塗装作業の流れ 下地つくり

塗装作業の流れ 下地つくり

塗装面全体にグラインダーを入れサフェーサーを塗布する下地をつくります。そしてサフェーサー塗布のマスキングを行います。


塗装作業の流れ サフェーサー

塗装作業の流れ サフェーサー

スプレーガンを使ってサフェーサーを塗ります。サフェーサーは自動車塗装では「表面の傷やデコボコを埋めて均等にするもの」という意味を持ちます。表面の小傷を埋め塗料の密着性を上げサビ止めの役割も果たしています。サフェーサーが塗れたら赤外線ヒーター等で充分な加熱乾燥をおこないます。



塗装作業の流れ 研ぎ

塗装作業の流れ 研ぎ

グラインダーで空研ぎを入れなめらかに整えた後、水研ぎで繊細に塗装面を整えていきます。塗装の為の繊細な準備はここまで。塗装塗料を配合する調色へと移ります。



塗装作業の流れ 調色 コード選定

塗装作業の流れ 調色 コード選定

登録されている数十万色のカラーコードの中から一番近い配合のコードを選びます。



塗装作業の流れ 調色 配合

塗装作業の流れ 調色 配合

選定したカラーコードの指定カラーと分量にて塗料を配合します。



塗装作業の流れ 調色 配合

塗装作業の流れ 調色 配合

配合した塗料をテストピースに塗装して、ボディと見比べて配合を微調整します。塗料の配合が終わり塗装へと移ります。


塗装作業の流れ ベースコート塗装

塗装作業の流れ ベースコート塗装

塗装をする時、スプレーガンから噴霧された塗料が塗装するパネル以外に付着しないようにマスキングします。 小さな隙間にも入り込んでいくので、細かく丁寧にしっかりと貼り付けていきます。塗料を吹き付ける前に汚れや油分を脱脂剤を使い綺麗に拭き取り、塗装する直前に少しべた付いたタッククロスでほこりなどを拭き取ります。サフェーサーを染め、元のボディの色になじませるように数回に分けて塗装していきます。


塗装作業の流れ クリアコート塗装

塗装作業の流れ クリアコート塗装

上塗カラーを塗装した上に塗り重ねる、最終的な上塗(トップコート)としてクリヤーを塗装することをクリヤーコートといいます。通常、メタリックカラー・パールカラーは必ずクリヤーコートをして仕上げなくてはなりません。また最近は、ソリッドカラーでもクリヤーコートされているボディカラーが増えてきています。クリヤーコートの目的には①光沢性の向上 ②耐久性の向上 ③メンテナンス性の向上があります。


塗装作業の流れ 乾燥・磨き・組立

塗装作業の流れ 乾燥・磨き・組立

塗装作業の流れ 乾燥・磨き・組立


デントリペア

Paintless Dent Repair


デントリペアとは?


車にできた「キズのないヘコミ」は、従来の鈑金塗装のようにパテ付けや再塗装をしなくても修理できるのが、デントリペア工法です。 正式名称は「塗装をせずにヘコミを修理する」という意味で「ペイントレス デント リペア」またはリムーバル(Paintless Dent Repair/Removal)といいます。日本では略してデントリペアと呼ばれていますが、海外ではデントリムーバルと呼ぶのが一般的のようです。ヨーロッパの自動車メーカーで考案され、雹(ひょう)の降ることが多い欧米で、雹の被害にあった車「雹害車」を修復するのに適しているということで発展してきた新世代の自動車外板修理工法です。施工する技術者の持つノウハウや経験により仕上がりに大きな差が生じるのもデントリペア工法の最大の特徴です。カーチェックでは、デントリペア世界大会3位入賞の実績を持つ、小田直樹が施工致します。




デントリペア

デントリペア工法

デントリペア工法は特殊専用工具を使い、ミリ単位の精度(TRUSTデントリペアではミクロン~ゼロ単位)でボディー鋼板の裏側を押す(時には「数百回」と押します)ことによって微細な凹凸を作り、ボディー鋼板表面積を変化させることにより元の状態に復元させます。


デントリペア
デントリペア


お好みの塗装

painting of favorite color


お好みの塗装

お好みの色へ。全塗装はもちろん、ワンポイント塗装も承ります。会社、お店などのイメージカラーへの塗り替えによる社用車へのチェンジ。個人のお客様所有車のお好みデザインへの塗り替えなど、お気軽にご相談ください!

お好みの塗装


カーチェックは水性塗料

Paint for environment

環境塗料

カーチェックが水性塗料を使うワケ


世界的な地球環境保護活動の高まりの中、自動車塗装ライン においては、塗料中に含まれる大気汚染の原因となるVOC (揮発性有機化合物)や塗装焼付け乾燥炉等でのエネルギー消費により地球温暖化の原因となるCO2が多く排出されています。これらを削減するため、環境対応塗料や塗装システムの開発が求められています。環境保護が進んでいる欧州では、水性塗料工程を採用し、VOC・CO2 の削減を行っています。日本でも現在の自動車メーカーからの新車の殆どに「水性塗料」が使われいます。しかし、補修用塗料についてはまだ90%以上に「有機溶剤(シンナー系)」が使われています。「水性塗料だと作業性が落ちる」「設備投資が大変」などを理由に、水性塗料に対応できていません。カーチェックでは、世界的な環境保護に取り組むべく、使用する補修用塗料全てに水性塗料を採用しています。



環境塗料
環境塗料


ページの上へ

ページの上へ